【WindowsノートPC】パソコンはカスタマイズしてなんぼ!まずはメモリ増設から

パソコン
この記事は約8分で読めます。

私が使っているデバイスは、Windowsのノートパソコン、iMac、iPadなどがありますが、一番のお気に入りはWindowsのノートパソコンです。

理由はシンプルで、自分で簡単にパーツの交換ができるからです。

パソコンに詳しくないから絶対無理……

spica
spica

専門知識はいりませんよ!

事前の準備だけはしっかりしておきましょう

メーカーによっては保証対象外になることもあるので、調べてからカスタムしましょう。

macはね……。壊れてもいいパソコンなら自分でパーツ交換してもいいと思いますが、ユーザーのカスタムを認めていないのがよく分かる造りになってます。

メモリすら自分で交換できないって、一体何なんでしょうね。

Appleにメモリ増設を依頼したら、2万以上かかりました……。恐ろしい。

スポンサーリンク

パソコンの仕様を確認する

まずは自分のパソコンのことを知りましょう。

搭載可能な最大容量を確認する

そもそも、自分のパソコンにはメモリを増設できるのか?

パソコンの仕様書や取扱説明書を見るか、メーカーサイトで型番を検索して仕様書を確認してください。

見るところは「メモリ」と書かれた部分です。

「標準容量」「最大容量」「仕様」「スロット数」などと書かれています。

「最大容量」「最大○○GB(○○GB×2)」「メモリタイプ(仕様)」「DDR4 ○○(PC4-〇〇)」が重要ですので、メモしておきましょう。

今搭載されているメモリを確認する

確認方法その1

確認の仕方はいくつかありますが、「コンピューターの基本的な情報の表示」を開いてください。

例:「スタートボタン」―「コントロールパネル」―「システム」

「実装メモリ」に、今のメモリ容量が表示されています。

さきほどメーカーの仕様書で確認した「最大容量」より少なければ、メモリの増設ができます。

確認方法その2

「タスクマネージャー」で、より詳細に確認することができます。

ショートカットキーCtrl + Alt + Deleteもしくは、ツールバーなどで右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。

この状態で普段遅いな、重いなと感じる作業状況を再現してください。(例:ネットで動画を観ながらエクセルで作業など)

「使用中」のところを見て、余裕がないようでしたらメモリの増設が必要です。

タスクマネージャーではスロットの使用数も確認できます。

自分のパソコンのメモリの容量、初めて知りました!

spica
spica

ストレージの容量は気にするけど、メモリの容量は気にしてない人も多いですね。

お名前.com

裏蓋を開ける

自分のパソコンの裏側って、じっくり見たことありますか?

メーカーやシリーズ、発売時期によって、簡単に外せる部分やパーツの配置が異なります。

メモリを購入する前に、開け方の確認、メモリの位置、スロットの使用状況を確認しておきましょう。

準備

メモリ交換に必要なもの
  • 精密ドライバー
  • 増設用のメモリ
  • ネジ置き場(マグネットシートがおすすめ)
  • ナフキンやランチョンマットのような大きめの布(パソコンの下に敷く)
  • 静電気防止手袋
  • パソコンの取扱説明書

必要な道具を揃えよう

裏蓋を開ける前に、「精密ドライバー」を準備しましょう。

100均でも売っていますが、私には使いにくかったです。1,000円程度のラチェットドライバーを購入しました。

あとは静電気防止手袋マグネットシートなどがあるとベター。

注意事項 ※裏蓋を開ける前に読みましょう

絶対NG! 静電気には最大限の注意を払うべし

注意すべき点として、「静電気」があります。

もしパーツに触れた時に静電気が発生してしまったら、一発で壊れます。大惨事です。

静電気を発生させないために
  • 静電気が発生しやすい冬場は避ける
  • セーターやフリースなどは脱ぐ
  • ほこりっぽい場所、電化製品が多い場所では作業しない
  • ドアノブなどの金属に触れるなどして、身体の静電気を除去する
  • できたら静電気防止手袋を使用する

外部機器はすべて外す

マウスやスピーカー、外付けHDDなど、外部機器はすべて外しておきましょう。

ワイヤレスの機器を使用している場合、USBスロットにレシーバー(受信機)が挿さっていることもありますので、それも外しておきましょう。

放電しておく

作業を始める10分前には電源ケーブルとバッテリーを外しておきましょう

さらに電源ボタンを15秒ほど長押しすることで放電されます。

※バッテリーが外せないタイプの場合、電源をオフにしてから24時間以上放置してください。

この放電方法は、なんとなくパソコンの調子が悪い時に試してみると、症状が改善される可能性がありますので、ぜひ頭の片隅にでも置いておいてください。

ネジを外す

ネジがたくさんあるので、どこに付いていたネジか分からなくならないようにしましょう。

私は、マグネットシートにネジが付いていた配置と同じように並べておきます。

ネジが転がって行かないのでおすすめです!

粘着シートを使う手もあります。

ネジを外す順番

裏蓋には小窓部分がある場合もあります。

これはメモリなどの交換を前提としており、裏蓋全部を開けなくても済むようになっているのです。

そのため、ネジは小窓部分から外していき、自分が交換したいパーツか確認しながら進めていくのが効率的です。

A8.net

パーツの配置、種類の確認

パーツの配置を確認

裏蓋が無事開いたら、パーツに触れる前に写真を撮っておきましょう。

パーツを取り付ける際に参考になります。

メモリ、HDD(またはSSD)、冷却ファン、CPU、無線LANカード……。

パソコン内部はなかなか見る機会もないので、どんなパーツかじっくり眺めてみましょう。

意外とホコリが溜まっているものです。特に冷却ファン。

綿棒と掃除機でさっと掃除しておきましょう。

メモリの確認

現在のメモリと使用スロットの確認

今実装されているメモリは、スロットに何枚挿さっていますか?1枚の容量は何GBですか?

実装されているメモリが4GB、スロットが2つあったとします。

1つのスロットに4GBのメモリが1枚挿さっているのと、2つのスロットに2GB×2のメモリが挿さっているのとでは、購入するメモリが変わってきます。

最大容量が8GBあるのなら、前者なら4GBのメモリを1枚購入すればいいですが、後者の場合は4GBを2枚購入することになります。

予算と容量を考えながら、購入するメモリを決定します。

使用
スロット数
使用
メモリ容量
再利用の
有無
購入する
メモリ容量
と枚数
最終的な
使用
スロット数
最終的な
メモリ容量
14GB4GB×128GB
14GB×8GB×118GB
22GB×4GB×228GB
22GB
1枚
4GB×126GB

裏蓋を閉める

開けた時と逆の手順で進めます。

小窓のところにメモリがあったので、外したネジは1つだけでした!

【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト

メモリを入手

型番を確認

仕様書に書かれている「PC4-25600 DDR4 SDRAM」がメモリのタイプで、「PC4-25600」はモジュール名、「DDR4」はDRAMの規格、「SDRAM」は「Synchronous Dynamic Random Access Memory」という規格のことです。

メモリの規格には互換性がありません。
DDR3,DDR4,DDR5と世代が分かれていますので、今実装されているメモリと同じ世代のものを購入しましょう。

ちなみに、デスクトップパソコンとノートパソコン&一体型パソコンでは、メモリのモジュールが異なります。

型番にはデスクトップパソコンは「DIMM」、ノート&一体型は「SO-DIMM」と書かれていますので確認してみましょう。

形がまったく違うので、間違えないように気を付けてください!

デスクトップ用は横長で大きい!

パソコンの型番からメモリを検索する

メモリを購入する

Amazonでも家電量販店でもPCパーツ屋でも、特殊なものでない限りどこでも手に入ります。

メルカリなどでは中古品の販売もあるようですが、精密機器なのでよく検討してから購入することをおすすめします。

使用目的でメモリ容量を決める

メモリ容量向いている作業
4GBインターネット
8GBワード、エクセルなどのofficeを単体で使用。
簡単な画像編集。
軽めの2Dゲーム。
16GB凝った画像編集、動画編集、3Dゲーム、オンラインゲーム、複数のソフトを同時に立ち上げて使用。
32GB本格的な動画編集、重めのオンラインゲーム。

通常8GB~16GBで十分です。

動画編集やオンラインゲームをしないなら、32GBはオーバースペックです。

メモリの交換

メモリが手元に届いたら、商品に間違いや破損がないかよく確認し、作業に入りましょう!

裏蓋を開ける

さっそく交換してみましょう!

裏蓋を開ける手順は前回やった通りです。(外部機器を外す→放電→ネジをはずす)

ドアノブなどの金属に触れて、自分の身体から静電気除去をしておきます。

メモリを取り出す

メモリの交換をする場合は、今挿さっているメモリを取り外します。

小さな金属レバーを開き、斜め上に引き出します。

メモリを挿し込む

メモリの向きを確認し、斜めに挿し込み下に押し下げてロックします。

金属の端子やIC部分には触らないように気を付けてください。

裏蓋を閉める

裏蓋を閉めてネジ止めします。

バッテリーや電源ケーブルなどを付け、電源を入れます。

「コンピューターの基本的な情報の表示」で実装メモリが増えていることを確認してください。

まとめ

思っていたよりもずっと簡単でした!

またやってみようと思います!

spica
spica

次は違うパーツを交換してみましょうね

メモリ増設の流れはざっとこんな感じです。

  • 自分のパソコンのメモリを調べる(実装/最大)
  • メモリを入手する
  • 精密ドライバーを用意する
  • 静電気対策をする
  • 裏蓋を開ける
  • メモリを交換/増設する
  • 裏蓋を閉める
  • 実装メモリが増えていることを確認する

「自分には絶対無理!」と諦めずに、チャレンジしてみるのも楽しいですよ。

ムームードメイン

コメント